トップページ >  ニキビ跡の種類と治す方法 >  クレーター状に陥没したニキビ跡

クレーターのように陥没してしまったニキビ跡を治すには

ニキビ跡を消すには? クレーターのようなニキビ跡とはいってもかなり窪みが深いものから、肌表面が少しだけ凹んだものまでピンからキリまであると思います。

本当に大きく窪みができてしまったニキビ跡の場合は、自力で治すのは非常に困難です。
美容皮膚科など外科的な施術を施さないと回復は難しいと考えてください。自力でスキンケア等で治す場合でも、かなり時間はかかりますが目立たなくなるくらいまででしたらお肌の凹凸も治っていく可能性があります。

美容クリニックで凹凸ニキビの治療するなら「フラクセル2」で治療する、都内・横浜・大阪にあるシロノクリニックが人気です。料金も低く抑えらていて、10,000円~となっています。
また、治療後にスッピンで帰るのはちょっと・・・と思ってる方も安心!終了後フルメイク可能です。

凸凹のニキビ跡を早く消すのに大切なこと

古い角質を取り除き、肌の再生(ターンオーバー)を促す。
肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞を活性化させる。

この2点を時間をかけて継続的に行っていくことにより、次々と新しい皮膚が生まれかわって行き、損傷したお肌を修復するためのコラーゲンやヒアルロン酸などが生成されて徐々にお肌の凹凸が滑らかになっていきます。

古い角質を取り除くマイルドピーリング洗顔と繊維芽細胞を活性化させるビタミンC誘導体が配合されたスキンケアのセットがあります。

常盤薬品のNOV トライアルセット - ニキビ跡ケアにおすすめ!

ニキビ跡を消すにはこれが有効! ・ターンオーバーを促すためにはピーリングやレチノール、EGFが有効です。

ターンオーバーはピーリングなど強制的に皮膚の表面を剥がす方法のほかにもEGF(ヒトオリゴぺプチド)という成分が本来の自然に起こるターンオーバーを促す成分として知られています。


・肌のコラーゲンを増やして凹凸を目立たなくするためには真皮の線維芽細胞を活性化させるビタミンCを浸透させることが必要です。

ビタミンCをお肌の奥に届けることで、繊維芽細胞が活性化し傷ついてしまったコラーゲンやエラスチンを再生してくれます。コラーゲンの再生が陥没したニキビ跡のお肌の修復に効果的です。

ビタミンCなら浸透力の高いビタミンCのスキンケア使いましょう!

ビタミンCはそのままでは肌に浸透しにくいためビタミンC誘導体として加工されたものが多くの化粧水などに配合されています。
このような浸透しやすいビタミンCを毎日のスキンケアに使用し、凸凹したニキビ跡の修復を地道に行っていくことが大切です。

★豆知識
●なぜニキビ跡の修復にコラーゲンやエラスチンの生成が必要なの??
凸凹のニキビ跡は皮膚にできた傷と同じで、皮膚のコラーゲンやエラスチンが壊れている状態です。その凹んだ傷を回復するためには、皮膚をふっくらとさせる新たなコラーゲン、エラスチンの生成が必要になるのです。
(美容外科などのレーザー治療は意図的に皮膚に刺激を与えてコラーゲン生成を促すことによって効果を得ています。)



●ビタミンC誘導体を配合したニキビ跡ケアにおすすめのスキンケア
ビタミンC誘導体をはじめとするお肌に必要な美容成分は、乾燥し角質が乱れた肌やニキビができてしまった荒れた肌にはなかなか浸透してくれません。 浸透させるためには古い角質を取り除いたり、保湿成分を補ってみずみずしいお肌の状態にしてあげる必要があります。

そんなニキビ跡ケアにピッタリなスキンケアがあります。
刺激の少ないマイルドなピーリング効果をもたせた洗顔料、保湿化粧水、ビタミンC誘導体とニキビ跡ケアに必要な条件がそろったスキンケアがこちら。

ニキビ跡を消すならNOV ACアクティブ